chronowaltz.com

傘の防水機能を復活させられる生活の技

傘の防水機能を復活させられる生活の技 日本は梅雨を始めとして雨の降りやすい季節があります。夏は夕立などが降りますし、秋は秋雨前線が停滞します。1年を通じて適度に降ります。雨を防ぐ生活のために傘を使う機会も多くなります。傘は新しく購入したときは防水性が非常に強くなっています。ですから雨に濡れた状態で少し振るだけできれいに水滴を落としてくれます。電車に乗るときなども床などをぬらさずに済ませられます。

傘の防水機能ですが使っているうちに徐々に弱くなります。その年ぐらいは問題なく使えますが、2年、3年と経過してくるといつまでも水滴がついている状態になります。そろそろ新しいものに取り換えなければと考えることもあるでしょう。でもそれはもったいないです。防水性のみが問題ならあることをして復活させれば再び同じように使うことができます。

その方法はドライヤーを当てることです。温風を当てることで防水性能を復活させることができます。傘の防水は防水スプレーを塗っているだけではなく傘の表面に一定の加工がされています。細かい毛があってそれが立っていると防水性能を発揮します。使っているうちにそれが寝てしまうので防水性がなくなります。ドライヤーを当てると寝ていた毛が立ってくれるので再び防水機能を発揮してくれます。

Copyright (C)2019傘の防水機能を復活させられる生活の技.All rights reserved.